母校にて

 

先日母校の小学校にて同じ地域で働くひとたちに話を聞くという総合学習のボランティアとして家具屋として授業をしてきました。いかにも先生気取りで話をしているようですが、普段お客さんが少なくてあそこの家具屋さん大丈夫なのかなぁ?と生徒たちに心配されているのを払拭すべく、必死にこんな田んぼの真ん中にお店を構えた理由を説明しているのが上の写真です。何か少しでも子供たちにメッセージが伝わっていてくれたらよいのですが。

 


 

 


長岡の冬

 

長岡は雪国です。毎年車のタイヤを冬用に替えなければならなかったり、庭の木を冬囲いしなければならなかったり、天気がずっと悪かったり、何かと面倒で大変なことばかりですがまぁそれはそれだなと思えるようになってきたような。長岡へ戻ってきて8回目の冬です。
 

冬季は私どもの車の前に駐車スペースを除雪して確保しております。停めやすいように駐車してもらって構いません。無理な場合は消雪パイプ完備の隣の実家の敷地をご案内しますのでご連絡ください。

 

 

 

 


さをり織りの仕入れ

 

久しぶりにさをり織りを仕入れてきました。今回はハッと目を引く柄が幾つもあったので沢山買ってしまいました。織りの拠点が小須戸からJR矢代田駅前に移転するようです。さらなる量産体制が期待できます。いえいえ、マイペースでおもむくままに自由に織って欲しいと思っております。細くでもよいので長くお付き合いを続けてゆければと。
 

 

 

 


3人掛けソファ

 

 

少し前に納めたソファ。ひとつは展示と同仕様のシマシマの布地にブナ材のフレーム。もうひとつは紺色のビニールレザーにブラックウォルナットの木部。同じ形なのに素材が変わると雰囲気もガラリと変わってしまいます。紺色とブラックウォルナットはとてもシックな組み合わせですね。育ち盛りのお子さんがきっと汚してしまうとのことでメンテナンスの楽なビニールレザーの選択となりました。もちろん長年の仕様でクッションの中身がへたったり生地が破れようとも修理を承ります、同様に木部にキズがついても可能な限りお直ししますのでご相談ください。長いお付き合いをさせていただきます。
 

 

 

 


蓋物

 

 

珍しく家具以外の製作です。陶芸家さんからの依頼でお茶道具の蓋の依頼。いつも家具を製作するとき使っている脳味噌とは違う部分を使って製作している感じでなかなか良い気分転換にもなります。ツマミには桜の枝を真鍮棒で立ち上げています。こういう発想はお茶をされている方ならではといったところです。もう少し細くしたかったのですがポキポキ折れるので太くなりました。かりんとうのようです。
 

 

 

 


新潟日報「assh」掲載


 

新潟日報が発行しているフリーペーパー「assh」にてnineをご紹介して頂きました。新潟市内だけの配布と聞いていましたが長岡で見られた方もいらっしゃったとか。nine店舗でも20部ほど無料配布させて頂きますのでご希望の方はお立ち寄り下さい♫ 加茂のG.F.G.S.さんといっしょに左右の見開きで、しかも表紙にも載せてもらって大変光栄であります。ちなみに表紙のG.F.G.S.さんのボーダーカットソーが吊ってある什器もnineが担当させて頂いたものです。

 

 

 

 


ガラスが天板のテーブル

 

 

 

テーブルの脚です。ブラックウォルナット材。お客さんの用意するガラスの天板が載ります。いつも隠れて見えなくなる所も丸見えなので部材の木取り、選択に気をつかいます。ガラスが滑らないように少し工夫をしています。きれいにストッパーが脚に埋め込まれました。

 

 

 

 


掲載誌情報

 

ハウジングKomachi vol.23 2017冬、春号「新潟で建てた家77軒」の実例集でnineの店舗兼九里の住宅を掲載して頂いております。すごいボリュームで見応えありそうです。お客さんに納めたナインチェアとウインザーチェアもどこかに載っています。発見できるかな?是非お手に取ってご覧ください。

 

 

 


 


長岡造形大学へ

 

 

長岡造形大学に打ち合わせに行ってきました。3月にプロダクトデザイン学科の学生さんが織ったり染めたり縫ったりした生地をnineの定番のスツールの座面に張って展示販売をします。座面を変えるだけでどれだけ違った表情になるか楽しみです。自分のデザイン、製作した生地が家具となり商品として販売されるところまで。学生さんも良い経験になってくれると良いのですが。とても良い環境で製作に打ち込めて羨ましい限りです。

 

 


 


な!ナガオカ

 

長岡の魅力を発見・発信していくWebメディア「な!ナガオカ」にてnineを紹介していただきました。Uターンな我々にとってはまだまだ知らない長岡がたくさん載っていて興味深いです。行ってみたい場所、会ってみたい人盛りだくさんです。覗いてみてください。
 

http://na-nagaoka.jp

 

 

 

 







category
          
archives
         
latest entries
                 
profile
        



           


          

Instagram