ブラックウォルナットの座卓

 

先日既に納期が終わっているブラックウォルナットの座卓。この黒は木そのものが持つ色で着色した訳ではございません。家具用の透明なオイルを塗って仕上げています。いわゆるオイルフィニッシュという仕上げ方法です。ウレタン塗装などとは違い厚い塗膜を作らないので直に木を触っている触り心地です。このブラックウォルナットは北米産なのですが、こうして座卓に加工して畳に置いてもしっくりきているのが面白いです。黒さで全体の雰囲気が引き締まる感じがします。
 

 

 

 


テレビ台と我が家のダイニング

 

脚は無事にテレビ台に取り付けられました。

nineのお店は自宅も兼用ですので、入口(玄関)のドアを開けるといきなり写真のようにドーンとリビング&キッチンが見えます。実際ここで毎日食事をしています。自分の作った家具を使って生活しているのをそのまま見てもらおうというコンセプトです。多少の生活感があっても良いじゃないかと。何年テーブルを使うとこんな風になるとか、何畳の部屋にこのくらいの大きさの座卓を置くとこんなサイズ感です。というのを実際に体感してもらえるのが説得力があって良いじゃないかと。そんな思いでお店とお家をつくりました。是非体感しに来てください。


 

 

 


円卓

 

 

1400φの円卓は大きくてどっしりとして存在感があります。畳のスペースが四畳半なのでサイズ感がわかってもらえますでしょうか。大人6人で楽々と囲むことができそうです。いつもの納品車に積めないので父親の軽トラックをお借りしての納品となりました。ちょうど納品日がお客さまの双子のお子さんのお誕生日で良いタイミングで納めることができました。早速お誕生日会でケーキを囲む様子などが眼に浮かぶようです。無垢材だからといって構えて使うのではなくおおらかな気持ちでガンガン使って、たまにワックスやオイルを塗りながらが育んでもらいたいと思います。製作者の私が近くにおりますのでここぞという時はメンテナンス、クリーニングでまたきれいな状態に戻すことができますので安心してお使いいただきたいと思います。

 

 

 

 


額縁

 

 

LP版のレコードのジャケットっていいですよね。サイズがアートワークをしっかりと感じ取れる大きさだからでしょうか。さて以前にThe Beatlesのlet it beのポスターフレームの製作依頼があったお客さまからJP版レコードがそのまま飾れる額縁をとお願いがありました。let it beのポスターフレームの脇に飾るので材質や寸法を調整したりして完成となりました。良い感じです。レコードプレーヤーが欲しくなります。あ、アンプも。それとスピーカーも。

 

 

 

 


ウインザーチェア

 

 

nine windsor chair

オーク、ナラ材とブラックウォールナット、アッシュ材で作った時の印象の違い。それぞれに良さがあります。お好みですが、合わせるテーブル、お部屋の雰囲気でお選びください。座面をお尻の凹みに合わせカンナで削っております。包み込まれるようなフィット感をぜひお店でお試しください。

 

 

 

 


十日町イコテ用什器

 

 

 

ガラスのショーケースと棚の製作で関わらせてもらった十日町の『いこて/IKOTE』。18日よりリニューアルオープンです。1階が飲食店で2階が寛ぎスペースとなっているようです。バーカウンターもあり、そちらにショーケースと棚を置いてもらっています。どのように使われているか楽しみです。また再訪したいと思います。

この『いこて/IKOTE』の建物は手塚建築研究所によるものでとても興味深い建物です。雪に埋もれると本当にカマクラのようです。ちなみに越後妻有大地の里芸術祭の作品キョロロも手塚さんによるものです。こちらもいつか真冬に訪れたいと思っています。

 

https://ikote.net

http://www.tezuka-arch.com/japanese/works/ikote/01.html

 

 

 

 


ダイニングチェア

 

nineには定番の小椅子が今のところ3種類あります。肘掛のあるナインチェア、背面から見たときのスポークが印象的で木の座面が掘り込んであるナインウィンザーチェア、そしてシンプルでオーソドックスなこのナインダイニングチェアです。座面が布張りのクッションなのでお尻に優しく、張り生地もいろいろ選べます。今回はとてもきれな青。少し麻が入っているのでサラッとしていて独特の風合いがあります。季節を問わず気持ちよく使っていただけると思います。
 

 

 

 


TVボード

 

ブラックウォルナット材で製作したテレビ台です。とてもきれいに仕上がりました。お客さんの要望に合わせ両脇に2杯ずつの引出しを配し、真ん中はオープン可動棚の仕様となりました。オーダー家具ですのでもちろん幅や奥行きなどご希望のサイズに合わせて製作が可能です。脚の長さはルンバが通過できる高さでした。着色したかのような黒さですが素材そのものの色です。無色透明なオイルを塗った仕上げだけでも高級感のある仕上がりになっております。木の家具は紫外線などにより経年で色が変化してきます。ナラ材やチェリー材などは濃くなるのに対して、ブラックウォルナット材は少し薄くなります。お店に展示してあるでブラックウォルナットのダイニングテーブルでその変化の具合をご覧いただけます。


 

 

 


たくさんあります。

 

さをりスツールkidsが完成し只今在庫が豊富にございます。同じものはふたつとない個性豊かな柄から選んでいただけます。さをり織りを仕入れている「ワークセンターほほえみ」さんのさをり織り部署が矢代田駅前に作業所を構えます。より万全な体制でさをり織りを供給してくます。頼もしいです。
 

 

 

 


デスク

 

お姉さんと同じ机を弟さんに。納品時にお姉さんの机も軽くメンテナンスさせてもらいました。どうしても椅子を収めるときに引出しの下に椅子をぶつけてしまうのでボコボコしていましたので軽くペーパーをあてて、全体にワックスを塗布しておきました。
 







category
          
archives
         
latest entries
                 
profile
        



           


          

Instagram