長岡の冬

 

長岡は雪国です。毎年車のタイヤを冬用に替えなければならなかったり、庭の木を冬囲いしなければならなかったり、天気がずっと悪かったり、何かと面倒で大変なことばかりですがまぁそれはそれだなと思えるようになってきたような。長岡へ戻ってきて8回目の冬です。
 

冬季は私どもの車の前に駐車スペースを除雪して確保しております。停めやすいように駐車してもらって構いません。無理な場合は消雪パイプ完備の隣の実家の敷地をご案内しますのでご連絡ください。

 

 

 

 


夕景

 

日がすっかり短くなりました。nineのお店は11:00-17:00なので明るいうちに閉店でしたが晩秋から冬には照明に映えるお店を閉店間際にお楽しみいただけるかもしれません。(天候にもよります。笑)
 

 

 

 


稲刈り

 

実りの秋。娘と稲刈りの応援にきました。といってもホント見てるだけですが。新米が楽しみです。
 

 

 

 


薪をもらいに行く




毎年この時期に冬の薪ストーブ用に製材所さんから木っ端をもらいに行きます。丸太ではないので薪割りというより丸ノコでジャンジャン切っていきます。往復して切って並べて1日仕事ですがこれで冬場の暖がとれると思うとありがたいです。今年は場所もあるので勢いで薪棚まで作ってしまいました、しかも薪にするはずの材料で。なかなか良い感じです。



 

暖簾


オープニングイベントも終わり、日々お店を開く新しい日常がはじまりました。年を重ねたせいでしょうか変化に適応するのに時間がかかるように感じている今日この頃でありますが、家具の納期は待ってはくれません。ピッチをあげて製作に勤しんでいます。

さてイベント中も好評を頂き、よく質問をもらった暖簾。これは長岡造形大学の鈴木均治先生に製作して頂きました。お店の看板としても使いたかったのでnineのロゴマークを入れることをお願いしたのですが、それがなかなか骨の折れる仕事だったようです。四角が重なり繋がったデザインの意図は見た人が感じたように受け取ってもらえたらということで、みんさんに委ねられています。nineに訪れるたびにそんなことを思いつつ暖簾をくぐってもらえたらと思います。



 

境界が曖昧


新しい店舗兼自宅は、居住空間とお店スペースがゆるりと繋がっているというか境界が曖昧で、普段自分が自分自身で製作した家具を使っている様子も見ることができます。そんなことで出荷前の椅子たちがリビングを占領してしまうなんてこともしばしば。三重県や長野県や三条市に旅立ってゆくもの、新潟から修理で出戻っているもの。ひとまずうちのリビングでひと休みしているようです。


 

降りました


お年寄りも一晩でこんなに降ったのは記憶がないというくらい雪が積もりました。高速道路が不通、国道も除雪が間に合わず大渋滞。娘を学校に送ってくるのに2時間。そして一日中雪かき。雪国越後長岡に暮らせばこんな日は年に一度はあるもの、大自然を前に何もかも諦めて過ごすのもたまには悪くないかも。無事でよかった。



 

中二階studio

nineの打ち合わせ&展示室として頑張ってきた中二階studio。もう少しで引っ越してしまうのでこの日の打ち合わせがひょっとしたらこの場所で行う最終回になってしまうのでしょうか。寂しいですね。狭いながらも商品撮影や時には作業室としても使っていたこの部屋。たった6年間ですが思い出がたくさん詰まっています。中二階へお越しくださった皆さま、本当にありがとうございました。新店舗は幾分広さが増しますのでより快適に家具を見ていただけると思います。とはいえあと何日かはありますので、引っ越す前にご覧になりたい方はご連絡くださいね。よろしくお願いします。




薔薇

休日に見附市のイングリッシュガーデンにふらりと立ち寄りました。緑と薔薇がきれいな公園で癒されました。暑い日だったのでジェラートがsold outだったのが残念。





サンセット

思わず作業の手を休めて散歩をしてしまったほどナイスなサンセット。しかも二日連続。










category
          
archives
         
latest entries
                 
profile
        



           


          

Instagram